mdkロンドン生活

ロンドン生活、赤子との暮らし、日々のよしなしごとなど。

Appleを語る英語の詐欺メールにまんまと引っかかった話

いや思ってましたよ。詐欺に引っかかる人の情弱ぶりたるや相当なものだと。
渡英前に最後に働いていたのはオレオレ詐欺被害額都内一の地域にある支店だったこともあり、その手の研修もやたら受けさせられ、最新の詐欺事情にも何なら精通していたというのに。

夫に、「こんなアホ見たことない」と呆れられ返す言葉もございません。

事の始まりは夫婦ともにカードがスキミング被害にあったこと。
カード会社から不審な決済ありと連絡があったことにより発覚。

夫はこちらの生活口座のカードがドミニカ共和国で使用され、私は日本から持ってきている東急カードが謎にiTunesストアで頻繁に少額決済されていた。
スキミングはカード会社が被害補填してくれるので新しいカードが発行されて(私のは日本の夫実家に送られたから手元にはないが)普通に完了。

その次の日、このメールが届いた。


要は
Apple IDのアカウント情報の一部が変更されたか誤っている為、アカウントをロックしました。変更事項を入力してね。入力がない場合は24時間以内に自動凍結します」

というもの。

普段iOSのアップデートやデータのバックアップですら夫任せな私は、何を思ったのか

「そっか、カード会社の人もカード情報登録しているものがあったら変更しといてねとか言ってたもんねー」

と、メアドとパスワードを入力し管理画面に入った後カード番号と裏面の番号(!!!アホ)を入力したのです。


夫帰宅後、「Appleから何回も連絡来てたからカード情報、こっちのアメックスに替えといた!」と高らかにアホ報告。


「!!!!そのメール見せて」

「まんま詐欺じゃん!!!」

「なんでこんなの騙されるの???」
「ああーーーもうさっそくなんか引き落とされてるじゃん!!!!!」



早速ルクセンブルクにてなんか買われてる。



「…ごめんなさい……英語だったからなんか騙された…」
「いや英語とか全然関係ないから」

確かに、Junkのメールボックスに入ってきてた。
確かに、URLが変な長いやつでもろ非正規。
青字で下線付きの文字で、クリック出来そうな場所が全部クリックできない。
突然、「全著作権保護」とか中国語の表記あり。

急いでAppleとカード会社に連絡。テンパりながら私がいかにアホであるか英語で説明するのはツラい。


「Hahaha、Calm down, 落ちついて大丈夫だから笑」

笑わないで、、ごめんなさい、、。

明日からレイバンのサングラス業者として友人たちにインビテーションを送りかねない状況であるためパスワードはSNS含め全部変更。
カードはこの2年間で最短の翌日届きました。(考えられないけど、カードも免許証も普通郵便でポスト投函)



皆様におかれましては、秒で削除するようなメールかとは思いますがあえて言わせてください。お気を付けて。

英語を習い始めたら元難民に初めて会った話

イギリスの多民族っぷりは想像以上である旨はこれまでお話ししてきたが、本当に外国人が多い。

昨日車の中でラジオを聴いていたら、イギリスの赤ちゃんの名前ランキング、男の子の実質的な1位は「Muhammad(ムハンマド」であると言っていた。

Muhammad自体は昨年度ランキングにおいて12位なのだが、かなりのバリエーションが存在し綴りが微妙に違うものが多々あり、統計上はそれぞれ別の名前としてカウントされている為総合すると1位なのだとか。

しかし日本人以外で私より英語が話せない人には会った事が無い。
赴任期間中の目標は英語完全化。現地で就職できるレベルに英語を引き上げたい!と息巻いて何もせず、もうすぐこの冬で赴任丸2年経過!!(白目)




という訳で現地のchildren centre経由でESOLクラスに申し込んだのは夏の終わり。
無料、有料色々あるが息子の託児付きがマスト要綱であり、こちらは泣いていたら「泣いてます。」と普通に託児終了となる非情システムな為ようやく2歳を過ぎ後追いが沈静化した今開始の運びとなった。


無料で人気の為waiting list入り。始まる2日前まで行けるのかどうかさえ連絡がこないのもUKスタイル!

バスに乗り少し遠いコミュニティセンターへ。レベルチェックテストを受けた後授業。
初回にして英語の資格を取るにあたり問題点が色々と浮き彫りになった。

自分の意見無さすぎ問題

私は話し始めると、人の話している声に被るでお馴染みであるが、無職及び育児を経て使っていない脳領域があったことを再確認した。
ケンブリッジ英検を受けるにせよ(知らなかったがTOEICは日本発の試験な為こちらでは無名すぎて年に1回都会でしか受けられない)、自由作文というか小論文がある。

・あなたの出身国の問題点とその解決策を書きなさい
・環境問題について最近見たニュース、あなたの取り組んでいることとは
・幼少期住んでいた街について可能な限り詳細に記せ

レベルチェックのアセスメントの自由作文問題は選択制だが、一番下しか選べない。
というかこういった小論文的な簡潔に自分の考えをまとめ記すということをやるのが久々すぎて、もはや語学の域を超え日本語でも出てこない!

街についてなら書けるかと書き始めたが「There is~」連発のThis is a penな幼稚園発表会作文を提出。
まぁまぁ話せているよねー的驕りを捨て襟を正すきっかけとなった。書けないと意味ない。


ゆっくり息吸うと発言できない問題

初回はオールレベルでの簡単なプリントを使ったセッション+トーク

「これ動詞が変な位置だから問題が間違ってます!」
「彼女の解釈は違う、本当は~」
「(遮って)ねえそれより今日は質問があって~」

…これは大人しくしていたら1秒も発言できない。ひな壇芸人並みの貪欲さが超必須。

「さて、まずは基本的な質問。Though Although Butの違いって端的に何かしら?」
答えようと息吸ったら隣のエイミー・ワインハウス似の女性に取られた!気が抜けない!


英語習いたいのレベル高すぎ問題

初回の授業は参加者12名程度だったが、先生の補助で座っていると思っていた3人ぐらいが実は生徒だった。
このレベルでこれ以上何を習うんですか?(白目)と再び襟を正し襟は擦り切れ寸前。


さてコミュニティセンターの利用登録も必要な為色々と記入。記入欄には「refugee Yes/No」の欄がある。


「ねぇ、これって真ん中の/に丸していいのかなぁ?」

隣にいたシャラポワ似の女性に聞かれる。

「私イギリスの入国自体がイリーガルなんだけど」

えぇっ???

「夫がイギリス人だからレジデンスカードはあるんだけどさ」

わ、わからない。。。。

係の人が来た。「EU圏からかしら?とりあえずNoでいいわよ」


彼女は長男長女と来ていて、男の子育児についてしばし歓談。

「良かった友達出来て!来週もう1人連れてこよっと。彼女ビザあったかなぁ?」と颯爽と帰っていった。
とりあえずお友達認定いただきました。


やはり始めてみないと分からないシステムや文化多数。
2回目を楽しみにしていたが息子の胃腸炎が飛び火し地獄を見たので欠席してしまった。
今週楽しみだわ。レベルどこになったかなぁ。



湖水地方の野性味溢れる羊たち

女性が輝く社会には男性が休む社会必須

バンクホリデーで国内旅行に出かけたら、たまたま海辺の街、Penzanceにて夫のイギリス人同僚も近くにいることも分かり落ち合った。

彼はマンチェスター在住。けれど同僚。ワークフロムホームをしている。

「諸外国に比べ日本は働きすぎ」というのは周知の事実として知ってはいたが、単に残業が多いとかではなく、そもそも出勤自体をしていない人が普通の会社に一定数普通にいるというケースが想像以上に多い。

夫の会社には他にも湖水地方(めちゃめちゃ遠い)に住んでいる同僚などもおり、基本は自宅で働き、会議は電話会議で出席し、イベントなど数ヶ月に一度程度は出社をするというスタイル。



そして何より驚いたというか、どうやって会社廻してんの?と思うのが、皆のスケジュールがまとまって管理されてないということ。

日本で当たり前にあるお休み表とか、誰がいつ休みか出張とかまとまっている表やデータベースがない。

日本から来た管理職がいたくこれに驚き、即導入を試みたものの誰もその管理の存在意義を見出せず、結局現行維持で無いまま今に至るらしい。

これはさすがに夫の会社のローカルルールでは?と思い周りのワーママたちに聞いてみたが皆そうらしい。

「仕事とは、常に誰かが何人かいなくてもまわるようにやるもの」とのこと。まぁそうだけども。


市役所に電話したりした時、「その係の人は今いません」とか言われて、知ってろよ!とその度激昂していたが普通に誰も把握していなかったとは笑。

私はついぞワーキングマザーを経験することなく渡英してしまったので、子持ちで働いたことはないが、ワーママたちとは9年間仕事をしてきた。

上記2つ、これは働く母たちの心身的負担を軽減する解なのではないかと思う。


女性が活躍するには、男性も含め皆でそれぞれの事情で休んだり、家で働いたりして、かつ他人のスケジュールに必要以上に気を配らない必要がある。


「産休、育休、時短」について独身時代に思っていたことは国際問題に似ていて、
「実際その国の友人がいてその人は嫌いじゃないけど、その国について聞かれたら好きとは言えない」
みたいな感覚だった。

同じ部署の人が妊娠したら全力でカバーするけど、同期に「うちこれから産休2人」と聞くと、
「えぇーーー。。。マジ?」「ヘッドカウント減らないからまた補充ないよね」
って言ってた。

要は「私はこんなに大変なのに」感というか、環境要因による既得権益(に見える)ズルい感。


時短や急な早退を働く母にフォーカスするから謎の事態を誘発するのであって、父も気兼ねなく子の発熱で帰るべきだし、子がいなくても、大義名分がなくても別に帰っていいし、何なら家でやって出社しなくていい。

「女性活躍!」とか今更祭り上げられる感のあるスローガンを掲げるなら「男性も休もう!」をまず希望します。

そのかわり水漏れは最終解決まで半年かかるし、ガスの点検は「朝8時から午後2時までの間」というワイドすぎる時間指定の末3時に来るし、日本人的には弊害も多数笑。


まぁ、いざワークフロムホームが実現したとして、上司の出張中等、気が緩むと途端に作業効率が落ちていた私には出来ない予感しかないが。。。長期赴任後に仕事復帰したモデルケースが周りにいないが果たして。


プラレール踏んで死にそうになるあるある体感中

イギリス土産のオススメ

掲題の件ですが、意外と難しい。

イギリス製品で良いとされているもので、日本に入っていないものというのはほとんどないと言っていいに等しい。

しかも、イギリスの物価高によってイギリスだから値段が安いということも意外となく、お菓子も個包装のパッケージ的な日本的気遣いがされているものもほとんどない為、食べ物も結構難しい。フォートナム&メイソンも普通に百貨店にあるし、ウォーカーズのショートブレッドも今やコンビニに置いてあるし。


とそんな中、イケてるイギリス土産発見。紅茶とかどのご家庭でも基本的に売るほど余っているイメージだが、紅茶です笑。

Newby Teas UK | Buy fine teas and luxury tea gifts online

Newbyは2000年にスタートした新しめのブランドなのだが、高級ホテルなどに卸されているハイブランドの1種。日本だと伊勢丹高島屋でたまに売っている様子。

この紅茶のお土産にオススメのポイントは1点、日本だとめちゃめちゃ高いと言うこと。

あまりに高いので内容量が違うのかと二度見したが、どちらも同じ100グラムで3,000円以上値段の違いが発生してる。何故?バイヤーになろうかしら。

試してみたい方は日本に帰国する際にもってくね!


もう寒い

紗栄子先輩の偉業について現地イギリスより解説致します

紗栄子がくるーーーー(ザキヤマの音階)


ネットニュースを見る限りだと、「金でのし上がり乙」的なコメントが多いので、ここで紗栄子先輩が、いかにお金や人脈があろうとも豪胆に渡英を決めたのがすごいのかお話させていただきたい。(誰)


まず何といっても報道が事実だとしたらという仮説の範囲を出ないが、息子たちがイートンを目指すような私立小学校に合格したのがすごい。
インターナショナルスクールに通っていようとも、日本に暮らす日本人がそのような受験校に合格するのはなかなかの難関。


まずは単に就学システムの違いによる学力的な問題。

こちらでは4歳から既に小学校に通い始めるのが普通。レセプションと言って4歳の9月にはプレが始まり、5歳で小学1年生となる。

それもあって算数などの進みは低学年ほど差が如実で、1年生でもう小数点の概念とかやる。
基礎をグルグルと繰り返すので小3ぐらいで日本の方が追い越すらしいが、それでも九九やひっ算のやり方が日本式とは違うので戸惑う。

そして私立ともなれば既に小学校でフランス語やスペイン語などの第二外国語の授業があり(公立でもある)、中学からはラテン語など第三の言語も始まる。ここもなかなか大変。

英語だけ出来ても難しいのである。受験項目にも入る。


そのような事情なので、英語ができなかったり、受験しない感じだったりと学校の合格者数に貢献できなさげな生徒は、そもそも入学を許可されないのでまず普通に小学校合格すごい。


そして次にそのような私立小学校に入ったとして、イートンをさらに11歳とか12歳で目指そうとするとなった場合。

面接だけで校長と1時間。学校見学もそもそも最初の試験を通過しないと出来ない。
イートンはウィンザーにあり、我が家から車で1時間もかからない位置にあるのだが、受験の負荷が親子ともにかなりある。
家柄や階級もかなり見られるだろうし。


そして最後はビザ。
移民に厳しめな昨今、移住もおいそれと簡単には出来ない。超書類提出が必要。
我々は駐在なので英訳や書類整備を含めたほとんどは代行業者がやってくれた部分が大きいが、個人だと手配書類もかなり多いはず。
そもそも何ビザなんだろう?TIER3かな?



このような感じの種々様々を、たいして英語も出来ないであろう紗栄子先輩がやってみようと思い、そして実現できてしまうことの凄さですよ。英国に明るい青年実業家A氏がバックにいるのかもしれないが、その人がいたって本人のやるタスクや子の努力は絶対に必要。
普通によくやるよねすごいバイタリティーだと思うよ。


紗栄子先輩、イギリスでお待ちしてます!!
自分、シャビーシックに少し食傷気味なんで、イギリスのイケてるもの教えてください!!



ストライダーは牛歩

英語力不足を実感するときー!

日本人として改めて慣れない文化の一つとして「いきなり深い話をする」がある。

Mothers of preschoolersでは、子が隣の部屋で遊んでいる間にテーマに沿いトークをしたり、その後セラピー的に頭を使わないクラフト(紙粘土のペーパーウェイトや、スクラブ作りなど)を行う。

夏休み前最後のテーマは「friendship」。


「友人と言っても、学校の送り迎えで挨拶する程度の知り合い、子どもの為に付き合わなきゃいけない癖のある人、楽しいけど疲れる人、色々いるわよね。」

みたいな話から始まる。そしてfriendshipを「toxic」と感じた経験について時計回りにシェアする(加速するルー語)時間に。
私は3番目。
そして1番、2番目の人は今回が初参加。


1番目の人「私が流産した時に友人から言われたのが…」
2番目の人「私の母親が亡くなった時、友人が私も父親を亡くしたのって言ってきたんだけど、母と父って重さ違うでしょ…」
3番目(私)「ちょっと時間ください…」


そして、このいきなり深い話文化に自虐的な要素はほとんどない。(私がその要素をくみ取れない、そして自虐的要素を含んだ感じの英語を話せてないことも起因している可能性も大いにあるが)

こないだRichmond parkをバギーで散歩するというイベントに参加して、そこで仲良くなったママ友(ドイツ人)と帰り話していた時。

「日本で9年働いたけど1週間以上の休みを取ったのは産休育休だけだし、なにせワーママを経験してないし働けるかどうか。金融系の資格も帰るころにはexpireしてるし、何ができるやら(苦笑)」

と小噺程度の自虐を披露したところ、

「なんてこと!あなた帰るなら東京なんでしょ?ロンドンに本部がある会社で半年でもいいから働きなさい!私の周りでドイツ帰る人もそうやってイギリスで作ったコネクション使って再就職してる。やっぱり本部で働いたことある経験って強いのよ。自分を低く見積もっては絶対にダメ!!!!!」


ふと、「シュレックじゃねぇ!!」と叫んだ近藤春菜に、来日中のアリアナグランデが、「あなたは美しい」と言い続けたというエピソードが想起された。



そして、今更私は英語の基本的なところがわかっていないという哀しみ。


来たばかりのころ、IKEAの家具を搬入しに来てくれた配達人の人に「See you later!」と挨拶され、

See you later=また後で

的直訳受験英語がインプットされていた私は後でサインするものとか持ってくるのかな?と30分程待機。

See you laterが普通にもう会わない可能性がある場合にも多用されることを知るのはまだ先のお話。。。。



そしてこの基本疎か英語に、日本人気質のカジュアル謝罪が加わるコンボにより起きる悲劇も。

「日本にいたら保育園に入れて0歳で復帰一択だったけど、日本ではどうするかわからない」って言いたかったんだけど、そこに「保育園入れるってどうかと」的ニュアンスが私の英語力レベルにより加わってしまった。

その為「私は夜はマックのドライブスルーで育ったけど(THEアメリカ人!)、別に楽しかったし平気だったよー」的返答がかえって来たことで変なニュアンスが入ったことがわかった。

そこで、私はそういう意味じゃないの、という意味で「Sorry」と」言ったら、
「ううん、そんなことなかったのよ、だから安心して」との返し。


そう、この場合のSorryは「かわいそうにね」のSorry!もはやどこから説明していいか謎なぐらい一瞬会話が混線。


今夏はきちんと体系的に英語をやるぞー!



もはや懐かしいミコノス島の海。イギリスの真夏はもう終わったのかなあ

イギリスから見た日本の渡航情報

夏休みスタート!!

去年はナーサリーにも行ってないし、なんなら毎日夏休み状態ではあったが、プレイグループもナーサリーもお休みが丸二ヶ月。
アクティビティを探さねば。


さてこの半年のロンドンでのテロは月1ペースだし、火事でマンション燃えるし、もうこんな国で暮らすなんて自殺行為じゃ?的Yahooの見出しでさすがに都会方面へ行くのが直後は躊躇われるほどの物騒さであった。

ふと、
「日本の地震とか、放射能の方が防ぎようなくて怖くない?」
とママ友に言われたことを思い出し、英国政府が出している渡航情報を見てみた。日本のところ。
www.gov.uk



・トロピカルサイクロン(台風)のシーズンは6月から12月まで続き、7月から9月にかけて活動が最も活発。(いつ行けば?)

接近する嵐の進行状況を監視し、避難指示を含む地方自治体の指示に従ってね(怖すぎ)

・日本全国で地震、火山噴火、津波の断続的な危険あり。(怖すぎ)

・通勤列車の女性乗客の不適切な接触や「チカン」の報告はかなり一般的。(電車乗りたくない)

・六本木や歌舞伎町(新宿駅周辺)では、クレジットカード詐欺、強盗、暴行、性的暴行の報告あり(絶対行きたくない)


・日本ではイギリスの医師がほとんどいない、医師で英語をきちんと話す人は稀(ごめんなさい)

・売春と路上売りは違法だが普通

・カード使えないところ多し(この2つだけ見ると東南アジアの離島)

と、字面のみ追うと決して行きたくない恐ろしい国であった笑。けどどれも決して間違ってないという。

やっぱ文字化してファクト並べると、何でも恐ろしいねというお話。けどスタバ等大手チェーンの氷に大腸菌いたよ、は怖すぎ!アイス頼めないじゃん。。。


好きな夏の花